研究者の声:オピニオン



2014年3月16日更新

STAP細胞の有無を証明する責任があるのは誰なのか

STAP細胞に関わる問題は、われわれ医学生物学研究の業界の一大スキャンダルとなっている。小保方氏らによるSTAP細胞の論文に対して多くの疑惑が持ち上がり、小保方氏らが所属する理化学研究所が論文の撤回を勧告するという異例の事態に陥っている。

STAP細胞に関するNature論文は、2報ともに複数の問題があったことが指摘されている。論文内の図が使い回されていることや、実験方法が他の論文からの剽窃であったことに今は疑いの声はない。さらに、論文発表後に理化学研究所が報告した詳細な実験方法のドキュメントには、当初の論文で主張していた内容と一致しない点があるなど、論文への疑義が生じてからの著者らの対応にも批判が生じている。

この研究成果はマスコミ(と理化学研究所)が大々的に報道したため世間の注目を浴びており、筆頭著者である小保方氏の研究者らしくないキャラクターとも相まって、小保方氏はある種アイドル的存在として報道されていた。そのせいか、これだけ小保方氏およびSTAP論文に問題があることが判明しても、今もなお根強い小保方氏(およびSTAP細胞論文)への擁護論が多い。

その代表的なものは「小保方氏らの論文の作成方法には問題があったもののSTAP細胞自体は存在する」という主張である。彼ら/彼女らによると「STAP細胞が存在しないことが証明されない限りは、論文の内容は否定できないし、著者らは批判されるべきではない」ということになる。

しかし、この擁護は全くのナンセンスである。研究と関係のない一般人による擁護であれば、ある程度は仕方のない部分があるかもしれない(とは言え、マスコミがこのような擁護論を展開するのは呆れてしまうが)。しかしながら、研究者の中にも上記のような擁護をする人がいる。

そこで今回、この場を借りて、なぜ「小保方氏らの論文の作成方法には問題があったもののSTAP細胞自体は存在する」や「STAP細胞が存在しないことが証明されない限りは、論文の内容は否定できないし、著者らは批判されるべきではない」が間違っているのかを説明したい。

われわれの業界では、仮説を実験により証明することが非常に大事である。そのため、ある仮説が実験により証明されて論文として報告されている場合、それを読んだ研究者がその仮説(および論文の結論)を信じられなくても、その論文が論文としての体裁を保っている限りはその仮説をウソ(もっと言えば捏造)だと言うことは出来ない。したがって、その仮説を否定したい場合は、実際に実験をしてその結果をもってその仮説が間違っていることを証明しなければならない。

しかし、今回のSTAP細胞のケースでは話が異なる。

小保方氏らは外部からの刺激により細胞が多能性を持つようになりうるという仮説を立てた。その仮説を証明するため、彼女らは多くの実験結果とともにNature誌に「刺激により多能性を持つようになった細胞(STAP細胞)が存在する」ことを報告した。

この状態では、いかに小保方氏らの仮説が荒唐無稽で信じ難いものであったとしても、小保方氏らの主張をウソ(もしくは捏造)だと言うことは出来ない。もちろん、論文の内容に対して個々人の意見を言うことは出来るし、色々な議論はなされるべきである。そして、再現性がある発見なのかどうかを調べることなども当然行われるべきであり(疑っているかどうかは別問題)、極端なことを言えば、そのような様々な取り組みこそが科学の発展に重要となってくる。ただし、その状況下では「STAP細胞はある」ということが前提であることは忘れてはいけない(何の証拠もないのに、表立ってあの論文はウソだと言ってはいけない)。

だが、今回のSTAP細胞についての論文では、仮説を証明するために行われた実験結果そのものが疑われている。特にSTAP細胞の多様性を示した図に流用や切り貼りが見られたということは、小保方氏らの仮説(=刺激により多能性を持つようになった細胞がある)は証明されていないと言わざるをえない。つまり、小保方氏らの仮説は今もまだ仮説であるのだ。

現代の医学生物学の基礎研究における研究者の仕事は、仮説を立ててそれを実験で証明し、論文で報告することである。仮説が正しいことを証明する責任は、仮説を立てた側にある。もし仮説が証明されていない状況にあれば、仮説が事実でないことを証明する責任は、仮説を疑う人間側にはない。仮説を疑う人間は、仮説が証明されていない以上、何もせずとも「その仮説は正しくない」と言ってもよいのだ。したがって、「STAP細胞が存在しないことは証明されていないのだから、今回の小保方氏の論文の内容は嘘だとは言えない」という主張は的外れなのだ。

いくらおもしろい仮説を立てても、実験で証明されなくてはただの妄想でしかない。小保方氏らのSTAP細胞は、その論文の疑義が確定した以上、彼女らの妄想と大差ない。ここら辺のことがわからない研究者がいるという事実は、自分にとってはSTAP細胞の論文に疑わしいことがあった(特に主要な図が博士論文からの流用であった)ことを知ったときと同じくらいショックであった。

さて、もしこの文章を読んでもまだ小保方氏およびSTAP細胞を信じる人は、私の以下の主張も信じてくれるのであろうか?

「私はタイムマシーンを開発し100年後の世界に行って、そこの世界の人々と交流をしてきた。彼らは私が100年前の世界から来たことを信じてくれた。これが彼らのサイン入りの手紙だ。しかし、今の世界に戻ってくるときにタイムマシーンが壊れてしまい、私が100年後の世界に行ったという他の証拠は消えてしまった。今新しいタイムマシーンを作っているが、設計図などは保管していなかったので、次にいつタイムマシーンが作れるかはわからない。だけど、私は確かに100年後に行った。タイムマシーンを最初に開発したのは私なのだ。もし疑うならば私が100年後に行っていないという証拠を出してくれ。いずれにしろ100年後には私の主張は証明されるはずなのだ。」


執筆者:N・S@東北地方

ページトップへ戻る

Copyright(C) BioMedサーカス.com, All Rights Reserved.