Nature/Scienceのニュース記事から



Nature/Scienceのニュース記事から

科学技術の発展のスピードは10年前と比べると驚くほど早くなっています。そのため、自身の専門分野以外の研究分野の進展に追いつくのは難しくなってきています。ここでは、Nature誌やScience誌に掲載されたニュース記事の中から、研究業界に関連した話題をわかりやすい日本語で紹介しています。研究の合間のちょっとした時間に目を通すだけで、世の中で注目されている研究内容を理解できるのではないでしょうか。

ページトップへ戻る

記事一覧


第98回:世界のトップ棋士らを打ち負かした謎の棋士の正体が明かされる 更新日:2017年1月7日更新

第97回:CRISPR/Cas9特集 更新日:2016年3月16日更新

第96回:エボラ生還者からの輸血療法の有効性示されず 更新日:2016年1月20日更新

第95回:Cas9の改変によりCRISPR/Cas9ゲノム編集技術の精度が大幅に改善 更新日:2016年1月12日更新

第94回:流れを食い止めよ:日本の新しい臨床試験システムへの批判 更新日:2015年12月21日更新

第93回:アメリカで遺伝子組み換えサケが食用に認可される 更新日:2015年11月30日更新

第92回:アメリカでポスドク人口が減少に転じる 更新日:2015年10月28日更新

第91回:2015年ノーベル医学・生理学賞および化学賞に関する記事 更新日:2015年10月25日更新

第90回:STAP論文に対する最終結論 更新日:2015年10月9日更新

第89回:あなたはどのぐらいInterdiciplinary? 更新日:2015年9月23日更新

第88回:遺伝子情報を公開するジレンマ 更新日:2015年9月9日更新

第87回:有名人によるSNSでの医薬品の宣伝 更新日:2015年8月26日更新

第86回:エボラワクチンの治験について、Lancetに発表された中間報告の概要(Lancetに発表された論文から) 更新日:2015年8月12日更新

第85回:論文を自主的に撤回後、研究をやり直して再発表(Natureの記事から) 更新日:2015年8月5日更新

第84回:新しいタイプの多能性幹細胞が発見される(Natureの記事から) 更新日:2015年5月10日更新

第83回:科学雑誌の”Fast-track”査読に懸念の声が上がる(Natureの記事から) 更新日:2015年3月31日更新

第82回:ヒトES細胞を作製した研究者とファン・ウソク氏がジョイントベンチャーで合流(Natureの記事から) 更新日:2015年2月13日更新

第81回:ラボのサイズは大きければいいというものではない(Natureの記事から) 更新日:2015年2月9日更新

第80回:MRSAにも効く抗生物質が発見される!(Natureの記事から) 更新日:2015年1月16日更新

第79回:キメラ抗原受容体を導入したT細胞による白血病治療が熱い(Natureの記事から) 更新日:2015年1月6日更新

第78回:論文の不正な査読が増加している(Natureの記事から) 更新日:2014年12月12日更新

第77回:エボラワクチン開発競争(Natureの記事から) 更新日:2014年12月8日更新

第76回:Novartis社が過去に研究不正を行った従業員を解雇(BioSpaceの記事から) 更新日:2014年11月28日

第75回:PubPeerが書き込んだ人の情報に対する開示請求に対し争う姿勢(Natureの記事から) 更新日:2014年11月24日

第74回:脳内のナビゲーションシステムの発見にノーベル医学・生理学賞(Natureの記事から) 更新日:2014年10月17日

第73回:エリート研究者の自死により日本に激震が走る(Natureの記事から) 更新日:2014年08月06日

第72回:ワクチンとナルコレプシーの関連についての論文が撤回される(Natureの記事から) 更新日:2014年08月05日

第71回:人はひとりで思索に耽るのを嫌う(Natureの記事から) 更新日:2014年07月19日

第70回:STAPの盛衰(Natureの記事から) 更新日:2014年07月12日

第69回:BRAINプロジェクトの野心的な計画が発表される(Natureの記事から) 更新日:2014年06月10日

第68回:ミネソタ州で新生児の血液サンプルの保存を再度許可する法案が可決される(Natureの記事から) 更新日:2014年05月14日

第67回:成人ヒトからクローンES細胞の作製に成功(Natureの記事から) 更新日:2014年05月04日

第66回:WHOが「ポスト抗生物質時代」を警告(Natureの記事から) 更新日:2014年05月03日

第65回:STAP細胞論文の調査委員が自身の論文における疑義により辞任(Natureの記事から) 更新日:2014年04月28日

第64回:家庭環境が悪いと子供のテロメアが短くなる(Natureの記事から) 更新日:2014年04月14日

第63回:STAP細胞論文についての理化学研究所による調査報告(Natureの記事から) 更新日:2014年04月04日

第62回:STAP騒動の続報(Natureの記事から) 更新日:2014年04月01日

第61回:理化学研究所がSTAP細胞に関する疑義についての調査の中間報告を発表(Natureの記事から) 更新日:2014年03月23日

第60回:Gene editingがHIVに効果を示す(Natureの記事から) 更新日:2014年03月8日

第59回:最新大学ランキングが発表される(Natureの記事から) 更新日:2014年03月5日

第58回:STAP細胞の論文で一部不自然な画像が使用されているという議論について(Nature/Scienceの記事から) 更新日:2014年02月19日

第57回:日本人研究者がストレス刺激により幹細胞誘導に成功(Natureの記事から) 更新日:2014年02月02日

第56回:ヒトとピロリ菌の起源の不一致により胃がんのリスクが高まる(Natureの記事から) 更新日:2014年01月21日

第55回:論文が査読されて困るのは誰?(Scienceの記事から) 更新日:2014年01月14日

第54回:2013年バイオ科学ニュース(Natureの記事から) 更新日:2013年12月21日

第53回:ロボット脚(robotic leg)で歩行可能に(Natureの記事から) 更新日:2013年10月5日

第52回:実在する研究者の実際の研究結果をもとに、実在しない著者名で論文が発表された事件(Natureの記事から) 更新日:2013年9月28日

第51回:試験管内で作られた腎臓が、移植を受けたラット体内で尿を生成(Natureの記事から) 更新日:2013年4月16日

第50回:テキストマイニングについて出版社側と研究者側で意見の相違(Natureの記事から) 更新日:2013年3月22日

第49回:非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が造血系幹細胞の移植を助ける(Natureの記事から) 更新日:2013年3月18日

第48回:転移している最中の乳がん細胞が新しい技術により捉えられる(Natureの記事から) 更新日:2013年2月5日

第47回:睡眠の質の低下と健忘が、老化していく脳にとって厄介な理由(Natureの記事から) 更新日:2013年1月29日

第46回:グアニン四重鎖が細胞内で発見される〜特異な構造の核酸が遺伝子発現を調節している可能性も(Natureの記事から) 更新日:2013年1月22日

第45回:人の医薬品が魚の繁殖を妨げる(Natureの記事から) 更新日:2012年11月22日

第44回:福島原発からの放射性降下物の影響を今も受け続ける海(Natureの記事から) 更新日:2012年11月15日

第43回:ハダカデバネズミに癌治療のヒントが?(Natureの記事から) 更新日:2012年11月8日

第42回:マグネシウムの脳賦活化効果が試される(Natureの記事から) 更新日:2012年11月2日

第41回:疑惑の幹細胞研究者が未だ主張を続ける(Scienceの記事から) 更新日:2012年10月26日

第40回:ノーベル賞を取った研究が新薬の開発を後押ししてきた(Natureの記事から) 更新日:2012年10月18日

第39回:細胞分化の巻き戻しにノーベル医学生理学賞(Natureの記事から) 更新日:2012年10月11日

第38回:生命科学の論文取り下げの主な理由は不正行為(Natureの記事から) 更新日:2012年10月4日

第37回:中国の会社がアメリカのシークエンス会社を買収(Natureの記事から) 更新日:2012年9月28日

第36回:西ナイル熱ウイルスにより腎臓病が引き起こされる可能性(Natureの記事から) 更新日:2012年9月20日

第35回:ヒトES細胞がスナネズミで聴力を回復させることに成功(Natureの記事から) 更新日:2012年9月13日

第34回:アルツハイマー病治療薬開発の新しい流れ(Natureの記事から) 更新日:2012年9月6日

第33回:エピジェネティック薬がコレステロールの蓄積を減少させる可能性(Natureの記事から) 更新日:2012年8月30日

第32回:米国NIHが高額研究費受給者からのさらなる申請に追加審査を加える(Scienceの記事から) 更新日:2012年8月23日

第31回:何をもってユダヤ人であるとするのか(Scienceの記事から) 更新日:2012年8月16日

第30回:幹細胞バンク・プロジェクト(Natureの記事から) 更新日:2012年8月10日

第29回:癌幹細胞が同定される(NatureおよびScienceの記事から) 更新日:2012年8月3日

第28回:ラットの細胞から作られた人工クラゲ(Natureの記事から) 更新日:2012年7月27日

第27回:脳の大きい動物が生き残る(Natureの記事から) 更新日:2012年7月20日

第26回:癌の周りの細胞が抗癌剤に対する抵抗性の原因を作っている(Natureの記事から) 更新日:2012年7月12日

第25回:やせ薬が米国で認可される(Natureの記事から) 更新日:2012年7月6日

第24回:iPS細胞から初歩的な肝臓組織を誘導することに成功(Natureの記事から) 更新日:2012年6月22日

第23回:一定料金で論文発表し放題のジャーナルあらわる(Natureの記事から) 更新日:2012年6月15日

第22回:胎児のゲノムを両親のDNAから推測(Natureの記事から) 更新日:2012年6月14日

第21回:アメリカの科学技術分野の高等教育トレンド(Scienceの記事から) 更新日:2012年6月7日

第20回:研究者総背番号制による個々の研究者の識別システム(Natureの記事から) 更新日:2012年6月4日

第19回:福島第一原発からの放射能による推定被曝量が発表される(Natureの記事から) 更新日:2012年5月26日

第18回:米国政府がアルツハイマー病の治療法開発のための計画を発表(Natureの記事から) 更新日:2012年5月24日

第17回:ヒトは稀少変異に満ちている(Natureの記事から)更新日:2012年5月17日

第16回:議論を呼んだインフルエンザの論文が公開される(Natureの記事から)更新日:2012年5月14日

第15回:卵子を生成できる幹細胞が成人卵巣から発見される(Natureの記事から)更新日:2012年3月2日

第14回:命を救う科学を検閲するな(Natureの記事から) 更新日:2012年1月15日

第13回:ヒトの肝臓を持つマウスはヒトと同じように薬物を処理する(Natureの記事から) 更新日:2011年7月13日

第12回:幹細胞研究者がクリニックに立ち向かう(Natureの記事から) 更新日:2011年7月5日

第11回:インドの後発医薬品大手が日本に狙いを定める(Natureの記事から)更新日:2011年6月27日

第10回:ゲノムの研究が双子の謎の疾患を解決(Natureの記事から) 更新日:2011年6月17日

第9回:治療薬の開発が次の治療薬の開発を妨げる(Natureの記事から) 更新日:2011年5月29日

第8回:副作用のない鎮痛薬の合成に成功(Natureの記事から) 更新日:2011年5月24日

第7回:グラント申請で成功するには(Natureの記事から) 更新日:2011年5月14日

第6回:ヒトゲノムの価値はいくらか?(Natureの記事から) 更新日:2011年5月13日

第5回:レビューワーによる無駄な追加実験の要求をやめよ(Natureの記事から) 更新日:2011年5月5日

第4回:癌の理論が疑惑に直面〜癌の転移についての主要な解釈は臨床上の証拠に欠ける(Natureの記事から) 更新日:2011年5月1日

第3回:PhDの見直し〜修復するか、抜本的改革をするか、あるいは完全にスキップするか(Natureの記事から) 更新日:2011年4月28日

第2回:C型肝炎の新薬により広がる希望(Natureの記事から) 更新日:2011年4月27日

第1回:Ph.D.システムの修復(Natureの記事から) 更新日:2011年4月23日

ページトップへ戻る

Copyright(C) BioMedサーカス.com, All Rights Reserved.